「箕面市民団体サーチいろは」について

いろはへようこそ

「箕面市民団体サーチいろは」は、箕面で活動しているグループ・団体の情報を知りたい人が活動内容や連絡先を調べたり、グループ・団体が連絡先や活動報告・お知らせなどの情報を発信したりするために作った利用料無料のローカルサイトです。

サイトの趣旨

活動に参加してみたい方が利用できるように

「箕面ではどんなグループがどんな活動をしているのか、自分でも参加できるのか、簡単に調べられるわかりやすいサイトがあったら便利だな。」
このような発想で「箕面市民団体サーチいろは」ができました。
例えば・・・

箕面に住み始めたばかりの方。
退職した方・子育てが落ち着いた方が何かを始めてみようかなと思ったとき。社会貢献活動に参加してみたい。
健康のために身体を動かしたい。
手芸が好き、おしゃべりが好き。同じ趣味の方々と交流しながら手芸の知識を広げたい。子どもを地元の少年野球リーグに入れたい。
初めての子育て。初めての介護。不安を聞いてほしい、相談したい、教えてほしい。

活動に参加したい方が簡単にグループの情報を知ることができ、知ることによって緊張や不安を少しでも和らげ、参加へのハードルを下げて最初のステップを踏み出しやすくすることを目指しています。

情報を発信したいグループ・団体が利用できるように

「箕面市民団体サーチいろは」ではグループを探すだけではなく、グループから情報を発信できるようにしました。
例えば・・・

グループの会員・メンバーを増やしたい。イベントのお手伝いをしてくれる方を募集したい。
発表会・試合があるのでたくさんの方に見てほしい、聞いてほしい、応援してほしい。
イベントの告知をしてより多くの人に参加を呼びかけ盛り上げたい。グループ全員に定例集会の予定をお知らせしたい。
告知したイベントの中止など急なお知らせを発信したい。
グループの活動内容や魅力・意義を知ってもらいたい、参加を呼びかけたい。
広くメッセージを発信して地域から全国へ活動の輪を広げたい。

「いろは」サイトは登録不要で閲覧できるため多くの方の目に触れることができます。
また、グループ情報のページではfacebookページを表示させることができるので、facebookで投稿したお知らせを「いろは」サイト内で閲覧することができます。

「いろは」だからできること

ひとつのサイトに箕面のグループ情報が集約されているので、グループ情報を求めて「いろは」サイトを訪問する多くの人の目に触れます。

ご利用はすべて無料!
ユーザー登録も含めてすべて無料でご利用いただけます。
いろんな使い方ができる!
グループの「基本情報」だけでなく「イベント情報」「募集情報」「ブログ」の掲載が可能です。必要に応じて募集をかけたり、定期的なニュースレターを投稿したり、お好みの活用法を見つけてください。
簡単ユーザー登録!
パソコンがご利用可能ならスピーディに情報掲載できるユーザー登録がおすすめです。ユーザー登録はユーザー名、パスワードの設定と、メールアドレス、グループ名の入力で登録完了です。
メールかFAXでもOK!
パソコンがなくてもメールかFAXで情報の掲載を依頼することができます。

ご利用について

ご利用方法

閲覧も掲載も無料でご利用いただけます。(サイトの閲覧・メール送信・FAX送信など通信にかかる費用はご利用者様の負担となります。)
「いろは」サイトに情報を掲載する方法は「ユーザー登録」「メール」「FAX」の3つの方法があります。
ユーザー登録をしてご自分で情報を掲載される場合はパソコン操作が必須となります。操作方法を見てもわからないところはお気軽にお尋ねください。(ひとつのグループにつき、ひとつのアカウントしか作ることができません。)
ご自分で情報を掲載(ユーザー登録)するには
メールかFAXで情報掲載を依頼する場合は所定のフォーム・用紙に必要事項を入力・記入して送信します。ブログ機能は登録ユーザーのみご利用いただけます。
メール・FAXで情報掲載を依頼するには

ユーザー登録の解除について

ユーザー登録の解除はいつでも行うことができます。お問い合せフォームよりお申し出ください。

ユーザー登録を解除すると、そのユーザーが公開(掲載)した情報全てが削除されます。担当者が変わるだけの場合はユーザー登録は解除せず、登録メールアドレスの変更などでアカウントを引き継ぐことをおすすめします。
詳しくはこちら『お問い合わせの前に - Q&A』の「Q.ユーザー登録を解除したい。」をご覧ください。

「いろは」名前の由来
物事を始める「初めの一歩」「始まりの一歩」のきっかけとなればと願い、「はじめ」の意味を込めて、いろは順のはじまりの文字「いろは」と箕面市の木「イロハモミジ」から名前をつけました。「いろは」から新しい一歩を踏み出すことができますように。

「いろは」のことをもう少し知りたい方はこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました